クラウドソーシングのシステムにおいては、様々な形式があります。
現在開発中のシステムは、革新的アイディア募集型です。大学の研究者や企業、自治体から、課題(懸賞金付きあるいは研究費付き)を 提案いただき、それに対する革新的アイディアを多くの人々に対して(大学の教員、学生に対しても)募集し、採用された課題解決者は、 懸賞金あるいは研究費を獲得します。
さらに、そのアイディアを実現するための試作品作製資金については、クラウドファンディングにより 調達し、マーケティングを兼ねて行うことにより、実際に製品化された時の情報を得ることができます。
それが成功した場合は、 ベンチャーファンドなどが資金を提供して、製品化が可能になります。
このような一連のプロセスを構築したいと考えています。

これにより、イノベーションが起こり、教員が特許料などを得ることができれば、当然大学の収入が増加することなります。
このようなシステムを恒常的に運営することにより、イノベーション創生の確率が上昇すると考えています。
企業、大学、自治体の課題を世界の人々のアイディアにより解決するために、解決案を、賞金を提示して、 広く世界に募集します。
課題解決者は登録して、応募していただきます。

クラウドソーシングの種類 クラウドソーシング説明

大学が連携し、大学が社会を支援する体制と、社会が連携し、社会が大学を支援できるシステムを構築しましょう!

「一般社団法人 大学支援機構」では大学をICTで結び、システムや設備などの共有により経済効果を生み、大学がイノベーション創出の拠点となり、外部資金が増加する仕組みの構築に挑戦しています。

[大学支援機構の設置目的]

大学支援機構は、「世界10億人規模の人々が抱える問題を解決しようと活動する多 くの大学に協力し、ICT技術を活用して、大学、地域社会から広く世界までを 対象とする諸事業を実施することで、もって大学・社会の発展、学術・科学技術 の振興に寄与することを目的とする」一般社団法人です。

[会員と会費]

個人は正会員(会費1万円)として参加してください。大学、学術研究機関、自治体、一般企業が賛助会員として参加できます。会費は1口10万円です。

[活動・事業内容(予定も含む)]
    • 総会の開催(11月頃)
    • 年次大会の開催(9月頃を予定)
    • 事業部会の設置と開催(詳細は下記参照)
      • おつくる(Otsucle)部会(クラウドファンディング、クラウドソーシング、ネットショップの事業)
      • アカデミックICTプラットホーム事業部会(大学などのICTシステムや研究装置、設備などの共有化事業)
    • 他組織との連携を強化

[会員・賛助会員登録の利点]

    • 年次大会や事業部会に特別料金にて参加して、大学や社会の課題解決に関する情報を入手でき、その結果として大学の寄附金、特許料、研究成果の販売などにより外部資金を獲得できる。
    • 大学支援機構のプラットフォームを利用して、クラウドファンディングやクラウドソーシング、ネットショップの事業を実施できる。
    • 年次大会や事業部会に参加することで、大学間の連携により、外部資金をどのように増加させるかの情報が得られる。
    • アカデミックICTプラットフォームを利用し、大学間の情報共有、システム共有、装置や設備共有の道が開ける。
    • 年次大会や部会に参加することで、大学発のスタートアップの創立数を増加することができる。

事業部会の詳細(予定も含む)

おつくる部会

本事業部会では、会員および賛助会員のクラウドファンディング、クラウドソーシング、ネットショップ事業を支援し、各会員の外部資金を増加し、イノベーションを支援する。

ネットショップでは、教職員や役員・社員の人生を一冊の本にする事業など、会員の知識・知恵・技術を発信する。また、会員組織として、「一つの企業に、一冊の本」の理念により、本などを出版・販売する(電子出版も含む)予定である。

アカデミックICTプラットホーム部会

本事業部会では、会員間の情報共有、システム共有、装置や設備共有を実現できるプラットホームを利用して、連携して生産性の向上に寄与する。

入会のご案内はこちら