大学経営の効率化は「共有」がキーワード

 大学は基本的に同じ機能を持っています。つまり、教育、研究、社会貢献のための機能です。従って、多くの同じ基本的な機能を独自に多額な費用を投入して開発し、使用してきています。しかし、それはある意味で無駄なことで、同じ基本的なシステムについて、共有することができれば、経費削減になりますし、その発展型を共同で開発することも可能になります。その意味で、経営の効率化には、「共有」がキーワードになります。各大学の持つ資源を効率よく活用することで、多くの経費を削減することができると予想しています。コンピューターの指数関数的発展により、多くのシステムをクラウド(雲)環境で使用できるようになっていますので、作業の効率化や共同の機器や資源活用の効率化などが、共有により実現できるようになっていると思います。

クラウドソーシング

 毎日必ず必要になるような業務でない場合に、専門職の人員をすべての大学で雇う必要はありません。兼業などのルールを見直すことで、各大学にすでに雇用されている専門の教職員をクラウドソーシングのシステムにより、多くの大学のために活躍していただけるようになります。例えば、特殊な技能などをもつ教職員がおられる場合は、全国の大学で活躍していただくのが、本人にも、大学のためにも必要なことではないでしょうか。
多くの大学が連携し、課題や業務を自由に共有することで、外部への発注コストを削減したり人件費を効率よく配分することが可能になります。

システムの共有

 大学内の事務手続きのために必要になるシステムの多くは、クラウドで共有することが可能です。
新しくシステムを開発するのではなく、すでに稼働しているシステムの維持費を利用する大学それぞれで分担して負担することにより経費を削減できます。
作業の効率化とシステム開発費の削減が同時に可能になります。
また、共通のシステムを利用することにより、大学間でシステムの利用方法などのノウハウの共有も可能になります。
大学支援機構の提供するサービスは、すべての大学で共有し連携して利用することを想定しています。

大学支援機構のサービスを利用してください

 大学支援機構では、共有するためのシステムを提供していきます。最初は、クラウドファンディングからスタートしました。今後、クラウドソーシング、大学支援のネットショップも順次、整備していますので、是非、ご利用ください。また、一緒にこの事業を進めていただける大学の仲間を募集しています。大学からの出向が可能ですので、ご興味があればお知らせください。よろしくお願い致します。

クラウドソーシング 大学支援Eコマース クラウドファンディング

人々が大学を支援し、大学が人々を支援する体制を構築しましょう!

「一般社団法人 大学支援機構」では大学をICTで結び、共有により経済効果を生み、大学がイノベーション創出の拠点になる仕組みの構築に挑戦しています。

入会のご案内はこちら