クラウドソーシングで課題を解決しませんか!

クラウドソーシングとは

「インターネットを利用して、大学、企業、自治体などが、仕事をクラウド(crowd):不特定多数の個人あるいは団体に発注する仕組みです。

 例えば、東京で開催されるオリンピックのエンブレムを公募して、「組市松紋」が採用されましたが、これも一つのクラウドソーシングです。この場合は、デザインでしたが、「データの入力」などの仕事から、「新商品(新薬なども)の開発」まで様々な仕事を全世界に向けて発注が可能なので、仕事に最適な人あるいは団体が見つかる可能性が高くなります。そのための、プラットフォームとして、おつくる・クラウドソーシングを設置しました。

 

課題解決にご利用ください

 大きな企業であっても、常に課題を解決できる社員を雇用しているわけではありませんし、そのために専門家を雇用するのもコストがかかります。

 そのような場合には、このおつくる・CSのシステムを利用して、解決者を探すのが、効率的です。大学・企業・自治体などの課題解決にご利用ください。なお、良い解決者に遭遇するためには、課題に相当な賞金あるいは研究費を用意してください。

例1:Tシャツのデザインコンテスト。勝者は投票で決定、勝者のデザインしたTシャツは制作され、ネットで販売。

例2: 新商品などの開発。開発に必要な技術・知識の提供を公募。

例3: 代謝産物などの解析。解析に必要な技術・知識の提供を公募。

例4: プラスミドの構築、化合物の合成など多種類の仕事を依頼可能。

 

課題提案者のメリット

  1. 想像できなかった良い解決案を安価に迅速に得ることができます。
  2. 新規の共同研究がスタートできる可能性があります。
  3. 人件費のコスト削減になります。

 

課題を解決して、賞金や研究費を獲得してください

 一般の人々に加えて、是非、多くの大学の教職員と学生・大学院生に「解決者」として登録していただき、大学、企業、自治体などが抱える課題を解決する「解決者」になっていただきたいと思っています。

 

解決者としてのメリット

  1. 選ばれた解決者は、賞金あるいは研究費を獲得することができます。
  2. 共同研究のスタートになります。
  3. 都合の良い時間に得意な仕事を行い、収入を得ることができます。
  4. 特許化・製品化できれば、将来の収入が増加します。

 

お申し込みは:おつくる(Otsucle): https://otsucle.jp/ 又は    

一般社団法人 大学支援機構 http://universityhub.or.jp